ハナショウブ ハナショウブ
 ハナショウブ    水無月園   伊勢系1部咲き・肥後系が一部分開花・江戸系も1部咲きになります。奥の菖蒲田は2部咲きとなります。これからの開花が楽しみです。

イワガラミ イワガラミ
イワガラミ    ナビステーション裏(バックヤード小屋側)   山地の林内に生える落葉蔓植物で、幹や枝から気根をだし岩や木に張り付いてよじ登ります。植栽してから4~5年してやっと多くの花をつけるようになりました。 

ナツツバキ ナツツバキ
ナツツバキ(別名シャラノキ)   南トイレ側   ナツツバキは古くから寺院などの庭に「シャラノキ」と称して植えられてきました。「シャラノシャラの由来は、インドの沙羅双樹(サラソウジュ)とナツツバキを日本人が間違えたことに由来します。

ハナショウブ ハナショウブ
ハナショウブ   水無月園   現在、伊勢系のハナショウブが4輪咲いています。肥後系、江戸系も沢山の蕾があり、まだ開花には至っていません。これから随時発信していきます。

セイヨウイボタノキ セイヨウイボタノキ
セイヨウイボタ   モニュメント側    4本の大きな樹に蕾が沢山ついている一部が開花しました。これから追いかけるように次々と開花します。成長力旺盛で刈り込みにも耐える樹です。

フイリフクジンソウ フイリフクジンソウ
フイリフクジンソウ   グリーンハウス内トロピカルガーデン  葉に白い斑の入ったフイリフクジンソウが開花しました。花は白く中央部分は黄色い筒状花です。毎日1個から2個の花を咲かせます。暖かい地方では多く栽培されているそうです。

カルミア カルミア
カルミア    ナビステーション前     コンペイトウのような形をした、色濃い蕾を持っています。花が開くと皿形になり、色は薄く模様が入って、蕾からは想像できない位い可愛らしいです。開いた花をよく見ると雄しべの先は花弁のくぼみの中に収まっています。